セブン銀行カードローンの申込条件と保証人の必要性

セブン銀行カードローンは銀行系の無担保保証人の個人向け融資になりますので、貸金業法の法律を踏まえる必要はありません。そのため総量規制の対象外となります。すでに年収の3分の1を貸金業者から借りている場合でも、申込には支障がないということになります。セブン銀行口座をすでに持ち、契約年齢が満20歳以上満70歳未満であれば、誰でも受け付けられます。セブン銀行の口座がない場合には、同時申込でも可能です。ただしセブン銀行カードローンの審査基準がありますので、申込条件は「利用できるか否か」を保証するものではありません。10万円、30万円、50万円のうち、貸付限度額で申込を行います。取引き2カ月経過以降であれば、増枠の相談もできます。金利は変動制で、現時点では一律15%です。銀行にしては若干金利が高めで貸付限度額が低い印象ですが、銀行の中でも柔軟な審査を行うということで、人気の商品となっています。

セブン銀行カードローンで保証人を求められることは

セブン銀行カードローンは無担保保証人不要の個人向け融資です。その範疇で想定できる回収リスクは、保証会社をつけることで回避しています。セブン銀行カードローンの保証会社はアコム株式会社となっています。申込と同時に2つの審査をうけることになり、両方の審査に通過しなければ契約に至ることはありません。人的な保証である保証人は、一見債権者にとって安全そうに見えるものですが、いざ債務者の債務事故が起こった時などは、請求でもめるものです。手間もコストもかかるものですので、債権者側が大手であればある程、このようなややこしい契約は結びたくないものです。近頃では「そこまでして契約しなければ危ない属性は、初めからターゲットにしない」といった方針の金融業者も増え、セブン銀行カードローンも例外ではありません。また貸金業者のノウハウをしっかり持っている会社を保証会社にすることで、個人信用情報管理の銀行と貸金業者との住み分けで生じるリスクも回避しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP